これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

異常な現象 自然の力

続発する多重ウォータースパウト。今度は北米のエリー湖で「三重の水竜巻」。しかも虹との饗宴つき。ネバダ州では「ダブルの火の竜巻」も

投稿日:

9月6日のエリー湖の米国オハイオ州から見た光景

Lake Erie, Ohio, USA (06/09/2017)

以前は見られなかった「複数の水竜巻」が最近は世界中で頻繁に目撃されるようになってきました。

数日前、北米大陸五大湖の最も南側にあるエリー湖で、上の写真のような「三重、あるいは四重の水竜巻と虹が同時に観測される」という出来事が記録されていました。

Sponsored Link


 

9月6日 エリー湖

Lake Erie, Ohio, USA (06/09/2017)

エリー湖の場所
・Google Map

複数の水竜巻(ウォータースパウト)に関しましては、最近、

現世の末期を感じながら見るロシア・ソチのこの世の終わりのごとき同時多発ウォータースパウト…
 2017/08/31

という記事の中で、ロシアのリゾート地であるソチで、黒海の海上に出現した複数の水竜巻のことをご紹介しました。下がその時のソチの光景です。

ロシア・ソチ 8月29日

vk.com

こういう現象が起きるには、相当複雑な大気の状態が必要だと思うのですけれど、最近は他の場所においても、このような複数の水竜巻が発生しており、今回は海ではなく、湖の上で冒頭のような複雑な水竜巻が発生したことになります。

このエリー湖の水竜巻は、ご覧になるとおわかりかと思いますが、「虹」まで発生しているということで、「どういう天候状態だったんだろう?」とも思います。

船上から複数の水竜巻を見る男性たち

Lake Erie, Ohio, USA (06/09/2017)

まあ、実際に発生しているのですから、原理も何もないのかもしれないですが、これもやはり何とも不思議に感じるものではあります。

なお、その翌日の 9月7日には、ネバダ州のエルコという町で、

「ダブルの火の竜巻」

が発生したことが報じられています。

下は、アメリカ国立気象局のツイッターで紹介されたその写真です。

9月7日 米国ネバダ州エルコの山火事の現場で発生したダブルの火災旋風

NWS Elko

これは、ネバダ州での山林火災の中で発生したもので、火災の中でこのような火の竜巻(火災旋風とも呼ばれます)が発生することはよくあるのですが、「ダブルの火の竜巻が同じ場所に同時に発生する」というのは前例がないのではないでしょうか。

こちらも、実際に発生しているのですから、発生する原理はあるということのようですが、最近のアメリカはいろいろと自然現象が「無秩序になっている」という感じもしないでもありません。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-異常な現象, 自然の力
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.