これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

隕石と小惑星

タイ : 隕石と思われる宇宙からの落下物が民家の屋根を直撃

投稿日:

2016年6月29日のタイの報道より

phitsanulok-meteorite-crashedthairath

最近は、世界中で火球の目撃が多くなっていることを記事にしたりしていますが、地表にまで到達して、建物などに被害が出る例はほとんどありませんでしたが、6月28日、タイのピサヌロークという場所で、天から落ちてきた隕石と思われる物体が民家の屋根を突き破るという出来事が起きました。

その物体は、6月28日の朝7時26分に民家に衝突。屋根を突き破り、民家の床に衝突して5つの破片に割れたそうです。

下は、衝突した民家の持ち主の女性と、その隕石の破片の中で最も大きな6センチほどのものとの写真です。

meteorite-thaiBangkok Post

落ちた場所を示す家の持ち主の女性

house-meteoritematichon tv

ピサヌロークの場所
phitsanulok-mapGoogle Map

その後、タイのナレスアン大学での初期検査により、隕石である確率が非常に高いということになりました。

Sponsored Link


 

 

屋根に開いた穴

thaimeteo-01

thai-meteo-02matichon tv

屋根に穴が開いた以外、人的なものを含めて、特に被害はありませんでしたが、しかし、こういう小さな隕石でも、人や車などに当たった場合は、それなりの被害が出る可能性も強いものではあります。

最近は、「天体の地球圏内への突入」が少しずつ増えている渦中にある感じもありますので、こういう天体の落下に関する報道には、やや興味があります。

ちなみに、この隕石は今どうなっているかといいますと、落下した民家の持ち主の女性が、「このような天から降ってきたものには敬意を表さなければならない」として、お供えして、祈りを捧げているのだそうです。

落下した物体にお祈りを捧げる女性

heaven-meteoritethairath

隕石が神様に変わる瞬間とでもいうのですか、何だか地球に宗教が芽生えた時を見ているかのような気分になったのでもありました。

いずれにしましても、このような天体の落下はこれからも増えるものなのかもしれません。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-隕石と小惑星
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.