これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

異常な現象 異常気象 自然の力

北アメリカで最も乾燥した場所であるデスバレーに大雨と洪水で「湖」が作られる

投稿日:

米スミソニアン博物館のニュースサイトより


smithsonianmag.com




 

前回の記事は、アメリカのカリフォルニア州にあるアンザ・ボレゴ砂漠という乾燥した場所で「降り続く雨により、花が咲き乱れている」という事象が起きていることを以下の記事でご紹介させていただきました。

カリフォルニアの不毛の地アンザ・ボレゴ砂漠で、繰り返される大雨により、砂漠に花が咲き乱れる「スーパーブルーム現象」が出現

その後、アメリカのスミソニアン博物館が運営するウェブサイトのニュースサイトで、さらに驚くべき出来事を知りました。それが冒頭に示させていただきました、

「世界で最も乾燥した場所のひとつであるデスバレーに湖が出来た」

というものでした。

ふだんはまるで水のないデスバレーの以下のような光景が、今現在、青々と水が、16キロメートルにわたって広がっているのです。

ふだんのデスバレー


treehugger.com

2019年3月7日のデスバレー


smithsonianmag.com

もちろん、これは一時的なものですが、いくつかの写真を見てみますと、かなり広大な湖となっている様子がうかがえます。

2019年3月7日前後のデスバレーの様子


McGucken Golden Ratio Phi Art Design Photography


McGucken Golden Ratio Phi Art Design Photography


McGucken Golden Ratio Phi Art Design Photography

ふだんは、ほとんど雨の降らないデスバレーですが、3月の最初の 1週間だけで 10ミリから場所によっては 20ミリ近くの雨量があり、砂漠のために水が地下に染み込みにくい土壌のために、このような現象が起きたと説明されています。

専門家たちも、デスバレーにこのように大量の水が溜まった様子を見たことはないと述べています。

正確な記録はわからないですが、おそらくは観測史上で初めてといえるほどの出来事なのではないでしょうか。

カリフォルニア州からネバダ州は、乾燥した砂漠地帯も多い場所ですが、今その多くの場所が、花や緑に覆われていたり、湖が形成されたりといった、かつてない光景が出現しています。

この先どうなるかはわからないですか、まだまだこのような「光景の大きな変化」が続いていく可能性も高そうです。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-異常な現象, 異常気象, 自然の力
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.