これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

自然の力 隕石と小惑星

世界中で多発する火球 : 3月中旬だけで5回の大きな爆発が報道される

投稿日:

 

先日の記事、

3月19日からの3日間で「複数の小惑星が連続して月より内側を通過」…
 2017/03/23

などでもふれましたが、今年は、地球近くに接近する小惑星が多い年となっていますが、この3月は「火球」の目撃も世界的に多いです。

昨年も火球の爆発が多い年でしたが、報道ベースでいえば、昨年以上の回数となっているかもしれません。

日本でも、3月8日に、関東から東海などの広い範囲で複数回の火球が観測されるということがありましたが、それからの2週間ほどで、カメラに収められただけでも、世界各地で4件にのぼる火球の爆発に関しての報道がありました。

これは記録に残っていて、かつメディアなどで報じられたものだけですので、実際には世界でどのくらいの火球の爆発が起きているのかは想像できない面はありますが、報じられたものに関して、ご紹介しておきたいと思います。

Sponsored Link


 

2017年3月8日から20日までに世界で報じられた火球の爆発

2017年3月20日 スウェーデン上空で巨大火球が爆発し、大きな振動を発生させる

watchers.news

 

2017年03月16日 カナダ・バンクーバーで火球が目撃される

Fireball spotted in the skies above Metro Vancouver

 

2017年03月15日 オーストラリア・オレンジ郡上空で火球が爆発

David Bell

 

2017年03月15日 パキスタン北部上空で火球が大爆発し、住民たちがパニックに

'Meteor' lights up city of Gilgit. leaves Gilgit Residents Panic on 15 March 2017

 

2017年03月08日 日本の関東から東海で火球が目撃される

twitter

この期間の報道された天体の爆発に関しては以上のようになりますが、先ほど書きましたように、実際にどのくらい起きているかはわかるものではないです。

小惑星など天体の接近が増加していることから考えますと、火球の爆発や目撃も、今後さらに増えていく可能性も高そうです。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-自然の力, 隕石と小惑星
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.