これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

動物の異常 大量死 異常気象

パラグアイで続く激しい干ばつのために河川が干上がり、ワニなど大量の水棲生物が死に続けている

投稿日:

2016年6月23日のパラグアイの報道より

paraguay-aligators-01minutouno.com

 

深刻な干ばつに見舞われているパラグアイで、河川が干上がりつつあることで、魚やワニなどが大量に死亡していることが報じられています。

干上がりつつある川は、ピルコマジョ川という川で、Wikipedia には、以下のようにあります。

ピルコマジョ川 - Wikipedia

Pilcomayo

ピルコマジョ川は、南米中央部を流れる河川である。パラグアイ川の西部の支流で最も長い川であり、流域は270,000 km²にも達する。

 

このように決して小さな川ではないのですが、その一部が干ばつのため干上がりつつあるというのです。

下はその川の様子を撮影した動画で、このようにまだ生きているワニたちもいるのですが、水がないために、完全に弱っている様子がわかります。

https://www.youtube.com/watch?v=UXkHJRhUZMU

Sponsored Link


 

ピルコマジョ川では川の干上がりによってあちこちでワニが死亡

aligator-paraguay-02

 

下は、川からの貯水地になっている潟ですが、たくさん散らばっている細く見えるものは、すべて、死亡しているか、あるいは、先ほどの動画のように、非常に衰弱しているワニです。

drying-Pilcomayominutouno.com

このままの状態が続けば、今生きているワニも先は厳しいものとなりそうですが、水がすぐに回復する可能性は少ないようです。

ピルコマジョ川は、おおまかでは、下のような方向で流れている川だと思われます。

pilcomayo-mapGoogle Map

 

報道によれば、すでにパラグアイでは、多くの水に住む生物たちが大量死を起こしていて、専門家たちは「生物学的災害」と述べています。

しかし、パラグアイで、次に多くの雨を期待できるのは、11月から 12月になるということで、厳しい状況は続きそうです。

それにしても、パラグアイは今は冬に入ろうとしているところですが、その季節にこれほどの干ばつに見舞われるということは、やはり結構な異常事態だと思います。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-動物の異常, 大量死, 異常気象
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.