これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

動物の異常 大量死 異常気象

パラグアイで続く激しい干ばつのために河川が干上がり、ワニなど大量の水棲生物が死に続けている

投稿日:

2016年6月23日のパラグアイの報道より

paraguay-aligators-01minutouno.com

 

深刻な干ばつに見舞われているパラグアイで、河川が干上がりつつあることで、魚やワニなどが大量に死亡していることが報じられています。

干上がりつつある川は、ピルコマジョ川という川で、Wikipedia には、以下のようにあります。

ピルコマジョ川 - Wikipedia

Pilcomayo

ピルコマジョ川は、南米中央部を流れる河川である。パラグアイ川の西部の支流で最も長い川であり、流域は270,000 km²にも達する。

 

このように決して小さな川ではないのですが、その一部が干ばつのため干上がりつつあるというのです。

下はその川の様子を撮影した動画で、このようにまだ生きているワニたちもいるのですが、水がないために、完全に弱っている様子がわかります。

https://www.youtube.com/watch?v=UXkHJRhUZMU

Sponsored Link


 

ピルコマジョ川では川の干上がりによってあちこちでワニが死亡

aligator-paraguay-02

 

下は、川からの貯水地になっている潟ですが、たくさん散らばっている細く見えるものは、すべて、死亡しているか、あるいは、先ほどの動画のように、非常に衰弱しているワニです。

drying-Pilcomayominutouno.com

このままの状態が続けば、今生きているワニも先は厳しいものとなりそうですが、水がすぐに回復する可能性は少ないようです。

ピルコマジョ川は、おおまかでは、下のような方向で流れている川だと思われます。

pilcomayo-mapGoogle Map

 

報道によれば、すでにパラグアイでは、多くの水に住む生物たちが大量死を起こしていて、専門家たちは「生物学的災害」と述べています。

しかし、パラグアイで、次に多くの雨を期待できるのは、11月から 12月になるということで、厳しい状況は続きそうです。

それにしても、パラグアイは今は冬に入ろうとしているところですが、その季節にこれほどの干ばつに見舞われるということは、やはり結構な異常事態だと思います。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-動物の異常, 大量死, 異常気象
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.