これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

火山噴火と地震活動 自然災害

フィリピン・マヨン山が大噴火。噴煙は1万メートルに達し、当局は数日内のさらなる大規模な噴火を警告

投稿日:

2018年1月23日 噴火するフィリピン・マヨン山

meteoweb.eu

thestar.com

Sponsored Link


 

この数日、環太平洋火山帯の火山や地震などの活動が大変活溌で、

・インドネシアのアグン山の大噴火
・パプアニューギニアのカドバール火山
・草津白根山の噴火

などの火山噴火が続いており、地震も、

・アラスカ M7.9
・メキシコ M6.3
・ペルー  M6.3

などがこの1、2日の間に起きていますが、特に激しい噴火を見せているのが、フィリピンのマヨン山です。

フィリピン・マヨン山の場所

Google Map

ふだんのマヨン山。かつては「ルソン富士」と呼ばれたことも

Wikipedia

現在のマヨン山

sky news

現在すでに噴煙が1万メートルとなっているのですが、フィリピンの火山地震研究所は「数日以内に、大規模な火砕流を伴う噴火が発生する危険性が差し迫っている」として、警戒レベルを上から2番目の「4」に引き上げています。

噴煙の高さは1万メートルを超える

nationalgeographic.com

 

ダラガの街から噴火を見る市民たち

standard.co.uk

マヨン山は、2006年の噴火で死者行方不明 1300名という大惨事を引き起こしている火山でもあり、現在、少なくとも 5万6000人の住民たちに非難命令が出されていまが、さらに避難する人たちの数が増えていく可能性もあります。

スクーターで親子一緒に避難する一家

standard.co.uk
世界的に急激に集中している間のある火山の噴火ですが、日本も含めて、今後どのようになっていくのか気になるところでもあります。




-火山噴火と地震活動, 自然災害
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2018 All Rights Reserved.