これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 火山噴火と地震活動

1980年に大噴火を起こしたアメリカのセントヘレンズ山で3月から続く群発地震

投稿日:

st-helens-swarm130 earthquakes detected below Mount St. Helens

 

アメリカ・ワシントン州の環太平洋火山帯に位置するセントヘレンズ山は 1980年に大きな噴火を起こしたことで知られており、アメリカで最も活発な火山のひとつです。

その際の噴火は「山頂が吹っ飛ぶ」という激しいもので、1980年以前と、噴火後では、山の形自体が変わっています。

1980年以前(左)と噴火後のセントヘレンズ
st-helens-batlabaq.com

セントヘレンズの場所
st-helens-mapGoogle Map

そのセントヘレンズで、3月から地震が続いており、最近、その数が 130にまでなったことが報じられていました。

Sponsored Link


 

北米から北大西洋地域の地震と火山の観測をしている PNSN のグラフで、セントヘレンズの現在の絶え間ない群発地震の様子がわかります。

アメリカ西海岸の5つの火山の過去1ヶ月の地震発生状況

sh-swarm-01PNSN

ちょっと見づらいですので、少し大きくして2段で表示します。

sh-swarm-02

 

他の火山と比べても、突出した地震の回数となっています。

セントヘレンズ以外の山は、

・レーニア山(ワシントン州)
・フッド山(オレゴン州)
・ニューベリー山(オレゴン州)
・ベーカー山(ワシントン州)

となっていて、それぞれ同じ山脈に連なる火山ですが、それらの山ではほとんど地震は観測されていません。

セントヘレンズ山の地震のマグニチュードは、アメリカ地質調査所(USGS)のデータを見る限り、どれも小さな規模です。

セントヘレンズの地震の分布(青い点)
st-helens-usgsUSGS

 

専門家たちによれば、今回の群発地震は、噴火の予兆となるものではないとのことで、噴火の懸念はないとのことです。

ちなみに、前回 1980年にセントヘレンズ山が噴火した時の様子を Wikipedia から抜粋しておきます。

1980年3月20日、セント・ヘレンズ山付近を震源とするマグニチュード4の地震が発生し、雪崩が山麓の駐車場を襲った。

その後も地震が続き、3月27日には最初の噴火(水蒸気爆発)が発生した。連日のように噴火が頻発し、山頂にできた火口は幅600mまで拡大した。

 

現在の地震は、マグニチュードがかなり小さいいですので、これが仮に 1980年の時のように、マグニチュード4などの比較的大きな地震が発生し始めるとすると、今は環太平洋火山帯が活発な時期ですし、噴火につながってもおかしくはないのかもしれません。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-気になるニュース, 火山噴火と地震活動
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.