地球の記録 – アース・カタストロフ・レビュー

これまでと、そして、これからの地球と私たち

*

映画『インディペンデンス・デイ』のワンシーンが現実となったかのようなコロンビアに出現した超巨大積乱雲

   

2016年06月30日 コロンビア・カルタヘナ

supercell-cartagena-colombiavk.com

最近は、世界中で荒い気候が続いていますが、それを象徴するのが、今年になってからの「超巨大積乱雲」の発生頻度です。

この超巨大積乱雲は、気象用語では「スーパーセル」と呼ばれていますが、あまり一般的な名称ではないですので、ここでは超巨大積乱雲とさせていただきます。

冒頭の超巨大積乱雲は、コロンビアのカルタヘナという場所で、6月30日に撮影されたものです。

コロンビア・カルタヘナの場所
cartagena-mapGoogle Map

この日、カルタヘナの各地で、この光景が撮影されました。

下は、Facebookにアップされた動画です。

Sponsored Link


 

別の角度から撮影された下の写真は、太陽の光と合わさり、何とも言えない迫力を見せてくれます。

2016年6月30日 カルタヘナ

supercell-colombia-02vk.com

ちなみに、この光景は、ある映画と似ています。

それは、1996年の第 17回ゴールデンラズベリー賞で最低脚本賞にノミネートされたことに多くの人が納得した映画として名高い『インデペンデンス・デイ』というSF映画のワンシーンと似ているのです。

巨大な UFO が地球に侵略にやって来る様子を陳腐なストーリーで描いたこの作品の中で、ニューヨークのビル群の上に雲を突き抜けるかのように超巨大 UFO が上空に現れるシーンがあるのですが、コロンビアの超巨大積乱雲は、そのリアル版を見ているかのようです。

下は映画のシーンからです。

映画『インデペンデンス・デイ』より

movies_independence_days_1Independence Day

下は、コロンビアの超巨大積乱雲です。

2016年6月30日のコロンビア・カルタヘナの光景

supercell-colombia-01vk.com

現実がSF化していっている感じですが、超巨大積乱雲は、荒れた天候の象徴というような響きもあり、気候異変の最中のこの夏は、まだまだ各地でこのような光景を見ることができそうです。

楽しみですね。

 - 気になるニュース, 異常な現象, 自然の力 , , , ,