これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

「 日本 」 一覧

日本の関東から四国までの極めて広い範囲で非常に巨大な火球が目撃される。隕石や小惑星などの天体爆発の可能性

2017/11/22    , ,

2017年11月21日午後9時30分頃 千葉県鴨川市 ・news.nifty.com 11月21日の午後 9時半過ぎ、日本で目撃されるものとしては、わりと珍しいほど巨大な火球が関東から関西までの各地で ...



日本を直撃しそうな台風21号が「カナダに季節外れの大雪を降らせる」予報。ジェット気流とテレコネクションのもたらす不思議な結果

2017年10月19日のカナダのウェザーネットワークより ・Distant typhoon poised to bring snow to Canada this month Sponsored Li ...

環太平洋火山帯での噴火数が近年最高レベルに。そしてさらに多くの火山で噴火の徴候が増加中

10月6日時点で噴火している世界の火山 ・volcanodiscovery.com 噴火するインドネシア・シナブン火山 10月4日 ・vk.com Sponsored Link   世界各地 ...



アメリカの「ヒアリ」への対策費と被害費の合計は「年間1兆円」を超えている

現在のアメリカのヒアリの生息状況 ・fire-ant-control.com 日本では 5月に神戸で発見されて以来、怒濤のごとく各地で発見されているヒアリですが、その状況からは、これが一時的なものとい ...

西之島の領土拡大により、国土地理院が日本地図を25年ぶりに更新

2017/06/23    , , , , , ,

火山の噴火そのものは世界全体でとても多い状態が続いていますが、最近の噴火で最も美しい……というと語弊があるかもしれないですが、印象的な光景が写真に収められたのが、冒頭の日本の西之島の噴火でした。 20 ...



2016年に突然消滅した琵琶湖のハスは「絶滅」した模様。専門家が「粘土層の消失やメタンガス濃度の上昇で復元は不可能」と結論。……日本列島の下で何が起きているのか

・lotusgreens.in 昨年 2016年の 7月、岐阜県の琵琶湖や滋賀県の草津市など、ハス(蓮)の群生地として有名な場所で、例年なら夏に湖面などを覆い尽くして花を咲かせるハスが「消えた」という ...

京都で捕らえられた白いカラスはアルビノではなく、「本当に羽が白い稀少なカラス」なのかも

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...



アラスカの群発地震が「位置を変えて」拡大中。環太平洋火山帯の活動活性化が続いている可能性

・USGS 5月のはじめに、 ・環太平洋火山帯は地震の周期に入った? : アラスカとカナダの境界付近で大きな地震が相次ぎ、群発地震も頻発中  2017/05/02 という記事を書きまして、アラスカとカ ...

アメリカの上空に浮かんだ「イギリス・シェイプ」の雲

米国フロリダ州オーランドで撮影された雲 ・Daily Mail   アメリカのフロリダ州オーランドで撮影された上の写真が、イギリスの人々を喜ばせています。 イギリス以外の人が見ても、今ひとつ ...



国連機関による調査で日本の自然災害リスクは世界171カ国中「17番目」という高ランクであることが示される

国連大学の調査による世界171カ国の自然災害のリスク度 ・World Risk Report 2016 国連の機関の中で、唯一、日本に本部がある「国連大学」という機関があります。 大学とついていますが ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2021 All Rights Reserved.