これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

「 噴火 」 一覧

中米コスタリカのポアス火山が63年ぶりに「突然」噴火。そして、ますます活動が活溌になる環太平洋火山帯

コスタリカ上空から見たポアス山の噴火 4月14日 ・vk.com 中米コスタリカのポアス火山が 4月14日、前触れなく突然噴火しました。 ポアス火山は、コスタリカの首都サンノゼから、たった 40キロメ ...



3月第二週の1週間だけで「15の新しい火山の噴火」が発生

  火山活動が非常に活溌な状態の中、2017年 3月8日から 3月14日までの1週間で、全世界で 15の新しい噴火が記録されています。 この週の後には、イタリアのエトナ火山も大噴火し、英国B ...

カムチャッカ半島で「名前のない火山」が大噴火

2017年3月10日のロシアの報道より ・kam24.ru カムチャッカ半島で火山活動が活発化していますが、その中で「名前のない火山が噴火した」と、ロシアで多数のメディアが報じています。 Sponso ...



メキシコの火山コリマで信じられないような大爆発が発生

リアルタイムカメラがとらえた2017年1月18日のコリマ山の大噴火 ・Webcams De Mexico   ・Webcams De Mexico  Sponsored Link &nbsp ...

2016年12月第3週の地球では1週間に「13」の異なる火山が噴火

メキシコ・コリマ山の噴火(2016年12月17日) ・vk.com   以前、 ・噴火のさらなる増加 : 12月は最初の1週間だけで「11の火山」が噴火  2016/12/12 という記事で ...



空気砲と化した火山 : イタリア・エトナ山の噴煙が「リング」に変わった瞬間

突然、空に下のような光景が現れたとしたら、何の前提もなければ、奇妙だと思われることになると思われます。 ・Atmospheric Phenomenal   実はこれは、12月のはじめに、「噴 ...

噴火のさらなる増加 : 12月は最初の1週間だけで「11の火山」が噴火

そして、12月12日現在、噴火中の火山の数は31に  ・abc news  12月10日のメキシコのコリマ山の噴火。   今年はとても火山の噴火が多い年だったことは、 ・異次元噴火 : 20 ...



11月の第三週は「1週間だけで世界の19の火山が噴火」していた。そして、そのうち18の噴火は環太平洋火山帯でのもの

メキシコのポポカテペトル山の11月25日の噴火の様子 ・Luis Felipe Puente 地震も火山活動も世界中で活溌ですが、11月14日からの週は、1週間のあいだに 19の火山が噴火していたこと ...

連続した地震に見舞われているイタリア中部の村に謎の「泥火山」が形成され、泥の噴火が続く

2016年11月4日の報道より ・ansa.it   イタリア中部では、8月24日にマグニチュード 6.2の地震が発生した後、10月26日にはマグニチュード 6.1の地震、そして、10月30 ...



ニュージーランドの火山島ホワイトアイランドの火口にある湖が突然「消滅」。次の噴火の予兆の可能性

2016年10月4日のメディア記事より ・White Island lake disappears, strong fumarole emissions, New Zealand ニュージーランドのホ ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.