これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

「 南米 」 一覧

南米チリで発生したマグニチュード6.9の地震の直後「空の色が赤く染まった」

2017年4月25日 地震直後のサンチアゴの様子 ・twitter.com 4月25日、チリ沖でマグニチュード 6.9の地震が発生しました。 ・USGS 当初、マグニチュード 7.1と発表されたこの地 ...



南米パラグアイの上空に浮かんだあまりにも鮮やかな「虹色の光景」

2017年3月17日 パラグアイの首都アスンシオンの上空 ・deZabedrosky 南米パラグアイの首都アスンシオンの上空に「普通ではないほど鮮やか」な彩雲が出現しました。 彩雲自体は、とても頻繁に ...

2017年2月26日 チリ〜アルゼンチン 金環食コレクション

2017年2月26日 南米チリ ・twimg.com 2月26日に、日食の中でも観測される頻度がとても低い「金環食」を含む日食が、南米からアフリカに至るまで観測されました。 この日は、該当地域のほぼす ...



非常事態となっているボリビアのイナゴの大群は隣国パラグアイに侵入し、被害地域はさらに拡大

2017年2月17日 無数のイナゴが飛び交うパラグアイのラ・パトリア ・deZabedrosky 1週間ほど前に、南米ボリビアで「イナゴの大群の被害による非常事態が宣言される」ということをご紹介したこ ...

チリ、コロンビアに続いて、中米コスタリカで、ひとつの海岸を完全に埋め尽くした極めて大規模な魚の大量死。原因は不明

2017年2月15日のコスタリアの報道より ・nacion.com 先日、南米チリとコロンビアで、大規模な魚の大量死が発生したことをお伝えしました。 ・「有毒が恒常化した海」:南米チリで170,000 ...



「有毒が恒常化した海」:南米チリで170,000匹のサーモンの大量死。同時期にコロンビアでも魚の大量死が発生。2016年の悪夢の再来か

2017年2月9日の報道より ・americaeconomia.com 南米チリで、海での有毒な藻類の大発生によるとみられる原因で、サーモン(サケ)が 17万匹以上死亡したことが報じられています。 チ ...

南米チリで史上最悪の森林火災により国家非常事態宣言。火災発生場所は100カ所にのぼり、多くは鎮火の兆しなし

首都サンティアゴに迫る森林火災 2017年1月24日 ・State of emergency in Chile because of wildfires; smoke cloaked Santiago ...



ジカ・ウイルス感染者の拡大と共にギラン・バレー症候群の数が急増していたことが判明。ベネズエラでは患者数が通常時の800%以上増加

・telegraph.co.uk ギラン・バレー症候群 - Wikipedia ギラン・バレー症候群は、急性・多発性の根神経炎の一つで、主に筋肉を動かす運動神経が障害され、四肢に力が入らなくなる病気で ...

コロンビアの美しい水上村ヌエバ・ベネシアの海面を覆い尽くした大量の魚の死骸

魚が浮いた海を船で渡るヌエバ・ベネシアの漁師 ・catorce6.com 普段のヌエバ・ベネシア村 ・BLOGS Cultura Sponsored Link   コロンビアのカリブ海に面し ...



ペルーを襲っている極端な寒波で子どもを含む50名近くが死亡し、アルパカなど動物6万頭以上が死んでいる

2016年7月14日のペルーの報道より ・diariocorreo.pe   南半球は今は冬ですので、1年のうちで最も気温が低くなる時期ではあるのですが、今年の南米は、かなり多くの国や地域に ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.