これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

WHOがパンデミックへの懸念を語る中、中国での鳥インフルエンザH7N9の人への感染数が過去最大に。致死率は20%超

更新日:

20107年2月10日の報道より

China now in its worst H7N9 avian flu season on record

2017年1月23日の報道より

World must not miss early signals of any flu pandemic: WHO

Sponsored Link


 

中国で、H7N9 型の鳥インフルエンザの流行が、過去に例を見ない規模で広がっています。

H7N9 型の鳥インフルエンザは、2013年3月に中国で初めてヒトへの感染が確認されて以来、冬の時期には中国において散発的に流行してきました。

しかし、今年の現シーズンは、H7N9 型が登場して以来「最大」の流行となっていることが報じられています。

2013年の冬から 2014年の春に流行した時と、グラフで比べてみますと、下のようになります。

blog.dandoweb.com

そして、現在の患者数ですが、2月16日の新華社の報道などから計算しますと(中国の報道が正確だとして) 2017年1月1日から 2月12日まで、

・患者者 370人
・死者 86人

となっていると思われます。

実数としては、それほどではなく感じるかもしれないですが、患者数そのものより、目を引くのは「死者の割合」です。

370人の患者に対して、86人が亡くなっている。

これは、致死率 23%ほどに達すると思われるのですが、通常のインフルエンザが(健康な人に対しては)ほとんど致死率が「ゼロに近い」のと比べますと、非常に高いです。

中国の今年の鳥インフルエンザの感染拡大については、昨年 12月から言われていまして、また、昨年 11月以来、病原性の高い鳥インフルエンザの新たな流行が発生した国は 40カ国にも上ります。

そんな中、冒頭2枚目の報道のように、WHO は 1月に「鳥インフルエンザのパンデミックの徴候に関しての警告」を述べていました。

まあ、まだ実数そのものは多くはないですので、今の時点ではfパンデミックは杞憂だと思いますが、中国は「何でもあり」という部分はあり、その WHO の発表について報じた冒頭2枚目のロイターの記事をご紹介いたします。

なお、このロイターの記事の中に「ワクチン」の話が出てきます。これについてここで述べることはないですが、関係したことについて、

永遠の拒絶への確信 : インフルエンザワクチンの予防接種の「是非」について個人的な結論を見た日(曖昧ではなく完全なる《非》へと)
 In Deep 2017/01/30

という記事に書いたことがありますので、ご参考いただければ幸いです。

パンデミックになるかならないかはわからないですが、なったらなったで、冷静に考えることが大事だと思います。

では、ここから記事です。


World must not miss early signals of any flu pandemic: WHO
Reuters 2017/01/23

世界はインフルエンザのパンデミックに関してのいかなる徴候も見逃してはならない:WHO

世界保健機関(WHO)は、すべての国々に対して、鳥インフルエンザの流行を注意深く監視し、インフルエンザの流行の始まりを示す可能性があるヒトの症例は、速やかに報告するように要請した。

昨年末以降、さまざまな鳥インフルエンザがヨーロッパやアジアに広がっており、一部の国では家禽が大量に屠殺され、中国では何人かの人々が死亡している。

専門家たちは、このウイルスが変異することにより、人々の間により容易に感染が拡散する可能性を懸念している。

WHOによると、11月以降、約 40カ国が家禽や野鳥に病原性の高い鳥インフルエンザの新たな流行を報告している。WHO は、「これらの流行の地理的分布が急速に広がり、ウイルス株の数が急増している」と述べている。

WHO の代表マーガレット・チャン氏は、製薬会社との合意に基づき、パンデミックワクチンの由来となるウイルスサンプルを共有する国への代償として、3億 5000万回のワクチン接種が約束されていると述べた。

中国は 2016年 12月以来、H7N9 のヒトへの感染例が「突然、かつ急激に増加」しており、WHO は、ヒトからヒトへの限定的な感染の可能性を除外することができないと述べている。

国際保健規則の下、WHOに加盟している 194 カ国へは、迅速にヒトの症例を検出し報告することが求められているとチャン氏は述べる。

「早期の徴候を見逃す余裕はないのです」と氏は付け加えた。

中国の国家保健家族計画委員会の張楊氏が率いる中国の代表団は、会談で、中国はいかなる流行にも対処し、対応するという義務を履行すると述べた。




-パンデミック, 気になるニュース, 疾病と感染症
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2017 All Rights Reserved.