地球の記録 – アース・カタストロフ・レビュー

これまでと、そして、これからの地球と私たち

*

世界で最も「真っ白な大砂丘」が広がるアメリカ・ニューメキシコ州のホワイトサンズ

   

米国ニューメキシコ州にあるホワイトサンズ国定記念物の白い砂

white-sands-topvk.com

 

アメリカのニューメキシコ州に「世界で唯一」といってもいいほど「真っ白な砂」が広がるホワイトサンズという砂丘があります。

white-sands-01

 

white-sands-map

 

Wikipedia の説明では下のような場所です。

ホワイトサンズ国定記念物は、アメリカ合衆国ニューメキシコ州オテロ郡にあるアラモゴードの南西およそ25 km、標高約1,200 m に位置する白い大砂丘地帯。 アメリカ合衆国国定記念物に指定されている。石膏の結晶でできた約710 km2 の広大な白い砂丘の南部から成る。

ということで、砂が、

> 石膏の結晶からできている

というために、真っ白な砂丘というようなものが出現しているようです。

石膏は水溶性のため、砂という形で残ることは滅多にないようなのですが、この地の独特な気候条件などのために、世界でも珍しい「石膏の砂丘」ができたということのようです。

何枚か美しい写真を載せておきたいと思います。

Sponsored Link


 

米国ホワイトサンドの風景

ws-01

 

ws-12

 

ws-02

 

ちなみに、この地は不毛な地ではなく、鳥類 210種、哺乳類 44種、爬虫類 26種、両生類 6種、昆虫ほぼ 100種、植物 60種が生息していることが報告されているのだそうです。

 - 自然の力 , , , ,