これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ブラジルの「楽園」と言われるビーチに大量の死んだメカジキが打ち上げられる

投稿日:

ブラジルのロペス・メンデス海岸に打ち上げられたメカジキ

swordfish-die-off-brazil-01Plantao Noticias

 

ブラジルのリオデジャネイロの近くに、ロペス・メンデスという場所があり、そこにあるビーチは、ブラジルで2番目に美しいとされているリゾート海岸なのですが、そこに突然、おびただしい数の「死亡したメカジキ」が打ち上げられ、普段はのどかなビーチが、報道の文字をお借りすれば、「恐怖の場所となってしまった」という出来事が起きています。

sword-fish-01BOA

 

私自身は、メカジキだけの大量死という出来事は、過去にはあったのかもしないですが、これが初めて見聞きするもののように思います。

ロペス・メンデスの場所
Lopes-Mendes-MapGoogle Map

Sponsored Link


 

このロペス・メンデスのビーチは、ふだんは下のような光景の非常に美しいビーチです。

ふだんのロペス・メンデスのビーチ

lopemendes-beachAskBeach

 

そのビーチが、ある朝、下の様相を呈してしまったのでした。

2016年4月11日のロペス・メンデスのビーチ

swordfish-die-off-brazil-3Plantao Noticias

 

下は動画ですが、打ち上げられた範囲がかなり広いことがわかります。

 

大量死の原因は、当局の考えでは、水質の悪化と、あるいは「乱獲」が原因ではないかとしているようですが、水質悪化にしても、乱獲にしても、メカジキ「だけ」が大量に打ち上げられるという現象は、やや不思議です。

最近の南米の海は、いろいろな意味で荒れていて、南米チリでは、以下のような記事をこの1ヵ月程度の中で書きました。

南米チリで有毒な「藻」の大発生で2300万匹の養殖サーモンが大量死し、同国の魚輸出産業の崩壊の危機に (2016/03/14)

南米チリで続く大量死:4トンの死んだイワシが海岸に打ち上げられる (2016/03/21)

南米チリで連続する大規模な魚の大量死。今度は600トンのイワシが海岸に打ち上げられる (2016/04/14)

海で何かが起きていることは確かなのかもしれないですが、この先も、こんなような大量死が続いていくのですかね。

なお、今回、メカジキの大量死が起きた場所は、リオデジャネイロオリンピックの開催地にもとても近いです。




-大量死
-, ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2017 All Rights Reserved.