地球の記録 – アース・カタストロフ・レビュー

これまでと、そして、これからの地球と私たち

*

イエローストーンでの地震発生数が「1000回」を超える

   

2017年7月のアメリカ地質調査所による月例報告書

Yellowstone Volcano ObservatoryActivity

イエローストーンで6月中旬から始まった群発地震に関しては、何度か記事にしてきました。

10日ほど前の記事、

収まらないイエローストーンの群発地震。発生以来の地震の回数は500回に迫る規模に
 2017/06/22

では群発地震の回数が 500回に達しようとしていることをご紹介しましたが、7月1日のアメリカ地質調査所(USGS)のイエローストーン火山観測所による月例報告で、群発地震発生からの地震の総回数が、

1171 回

に達していることを知りました。
今回は、そのニュースリリースをご紹介します。

特に頻度が増えているわけでも、規模が大きくなっているわけでもないですが、「収まっていない」ことは確かです。

それでは、ニュースリリースをご紹介させていただきます。

Sponsored Link


 


YELLOWSTONE VOLCANO OBSERVATORY MONTHLY UPDATE
アメリカ地質調査所 イエローストーン火山観測所 2017/07/01

イエローストーン火山観測所 月例報告 2017年7月1日

イエローストーン火山
位置 : 44°25’48 “N 110°40’12” W 標高 2805 m
現在の火山警報レベル : 通常
現在の航空警報コード : グリーン(通常)

 

地震活動について

イエローストーンの地震観測網の運用と分析を担当しているユタ大学地震観測ステーションは、2017年6月に、イエローストーン国立公園地域で 1171 回の地震があったと報告した。

最大の地震事象は、6月16日午後6時48分に、イエローストーン西部で起きたマグニチュード 4.4 の地震だった。この地震は 6月12日に始まったこの地域の活発な地震のひとつだ。

イエローストーンにおける 6月の地震活動は、下の 4つの異なる場所の群発にわけられる。

 

1)6月16日の最大の地震(マグニチュード4.4)を含む 1027回の地震が 6月12日から、イエローストーンの西部から約 9.6キロ離れた場所で始まり、現在も進行中だ。この群発では、マグニチュード3クラスの地震が5回、マグニチュード 2クラスの地震が 72回あった。

2)西部イエローストーンの東北部から 22キロの狭い範囲で、6月14日と 15日に発生した群発活動を含めて 41回の地震があった。最大の地震の規模はマグニチュード 2.3だった。

3)6月1日と 2日、ワイオミング州マンモス(イエローストーンのエリアにある地名)の南西 22キロで 22回の地震が発生。最大の地震はマグニチュード 2.6だった。

4)イエローストーン西部から東北に約 26キロ離れた場所で 13回の地震が 6月13日に発生した。最大の地震はマグニチュード1.7だった。

イエローストーンの地震活動は現在、通常と比較して高いレベルにあるが、このような連続の地震はこのエリアで一般的なものであり、イエローストーン地域の全地震活動の約 50%を占める。

 - 火山噴火と地震活動, 自然の力, 自然災害 , , , ,