地球の記録 – アース・カタストロフ・レビュー

これまでと、そして、これからの地球と私たち

*

太陽フレアとコロナホールの影響で米国モンタナ州の空に異例ともいえる鮮やかな紫色のオーロラが出現

   

4月22日 モンタナ州ホワイトフィッシュ湖に出現したオーロラ

Erin Braaten

Erin Braaten

Sponsored Link


 

4月22日、アメリカのモンタナ州で、同地としては非常に珍しいと考えられる強い色彩のオーロラが出現しました。冒頭の写真は、ホワイトフィッシュ湖という場所で撮影されたものです。

これは、4月19日頃から太陽で相次いで起きていた太陽フレアと、拡大してコロナホールなどによる「地球の磁気の増大」によるものだと考えられますが、モンタナ州くらいの緯度で、こんなにあざやかなオーロラが見られるのはとても珍しいです。

モンタナ州ホワイトフィッシュ湖の場所
・Google Map

この 4月21日頃から、世界各地で磁気が強い状態が続いているようで、高緯度の地域では各地でオーロラが出現しています。

しかし、モンタナ州よりはるかに緯度の高い場所で撮影されたオーロラでも、この 4月22日のモンタナ州ほどあざやかなものはあまり見当たりません。

下はごく一部ですが、4月22日前後に撮影された世界のオーロラの写真です。

4月22〜23日に撮影されたオーロラの一部

spaceweathergallery.com

そして、こちらがモンタナ州のオーロラです。

4月22日 モンタナ州ホワイトフィッシュ湖

vk.com

現在が太陽活動最小期に向かっている時と考えましても、やはり、この場所での、このあだやかさはなかなかのものだと思います。

なお、これらに影響を与えたと考えられる太陽活動は以下のふたつです。

4月19日の太陽フレア

NASA

4月23日頃まで拡大が続いたコロナホール

・NASA

 

最近の太陽は、予測のつかないような素振りを見せることがありますが、これからの活動によっては、さらに、世界中でオーロラが見られることになるのかもしれません。

ちなみに、どうでもいい話ですが、第二次世界大戦は、1938年1月26日のに「世界中でのオーロラの出現」と同時に始まりました。

[参考記事] 第二次世界大戦前夜のように「ヨーロッパがオーロラに包まれた日」の地球の磁気の由来は何だか曖昧すぎて (In Deep 2015/03/19)

 - 太陽活動と宇宙, 気になるニュース , , , , , , ,