地球の記録 – アース・カタストロフ・レビュー

これまでと、そして、これからの地球と私たち

*

天空からの手…というよりは巨大な吸引機のような極めて珍しいブラジル上空に出現した「黙示録的な雲」

   

2017年2月7日 ブラジル・リオデジャネイロ上空

spaceweathergallery.com

ブラジルのリオデジャネイロの写真家が驚異的な雲を撮影し、スペースウェザーのギャラリーで公開されています。

冒頭の雲がそれですが、下のように姿を変えながら、夕暮れ 30分前のリオデジャネイロの上空に居続けたそうです。


spaceweathergallery.com

Sponsored Link


ちなみに、この雲について、スペースウェザーは「漏斗雲 (Funnel Cloud )」としています。
漏斗雲というのは、Wikipedia によれば、「竜巻に伴って発生する細長い雲」ということで、一般的には、下のようなものが見られることがあります。

2014年1月にカナダで撮影された漏斗雲
Funnel clouds possible in southwest Manitoba

この雲は、先ほどの説明に「竜巻に伴って発生する」とありますように、その雲の下は非常に荒れた天候となっている場合が多いようです。

今回の雲も、雷雨が近づいている中で発生したそうです。

spaceweathergallery.com

いろいろな雲を見てきましたけれど、この形は見たことがないです。

竜巻に伴って形成されるのなら「雲の下側は細くなる」のが普通のような気がするのですが、下が「広がっている」というのが、一種理解を超えた迫力を作りだしているのかもしれません。

最近は、黙示録的な雲が次々と出現し続けてます。

 - 異常な現象, 自然の力 , , , , , ,