地球の記録 – アース・カタストロフ・レビュー

これまでと、そして、これからの地球と私たち

*

中国山東省の済南市上空に留まり続けた「四角い光を放つ何か」は一体何だったのか?

   

2017年8月13日 山東省 済南市上空

Rectangular light beam over Jinan, Shandong, China

Rectangular light beam over Jinan, Shandong, China

8月13日、中国山東省の中心都市といえる済南(さいなん / チーナン)市の上空に冒頭のような「四角い何か」が浮いているのが多くの人々に目撃されました。

推測も難しいような感じのものですが、投稿されていた画像や動画の数が多いことから、かなりの数の人々が目撃していたようで、存在そのものはフェイクではないようです。

そして、この物体の存在は、投稿されている写真から見ると少し奇妙な部分があるのです。

Sponsored Link


目撃された済南市は下の場所になります。

済南市の場所
・Google Map

まず、この「空の何か」が撮影された動画の中のひとつをご紹介させていだきます。

 

先ほど、「奇妙なこと」というように書いたのですけれど、何が奇妙かというと、投稿されている写真の中には、「昼間の写真」も何枚もあるのです。

下の写真などは、空が青いところから、昼間だと思います。

中国のSNSに投稿されていた写真

 

RCM

ということは、たとえば動画のほうなどは明らかに夜ですので、「昼間から夜までずっと空に浮かんでいた?」というように思わざるを得ないのでした。

何だかもうよくわからないことになっているわけですが、それだけではなく、他の投稿写真なども見てみますと、「2つに分裂したかのように見える」感じのものもあるのです。

下がその写真です。

RedClimaticaMundial

既知のいろいろなものに当てはまらないこういう存在が出てきますと、確かに悩ましいものではあります。

皆様はこれはどういうようなものだと思われますか?

 - 気になるニュース, 異常な現象 , , , , , ,