地球の記録 – アース・カタストロフ・レビュー

これまでと、そして、これからの地球と私たち

*

バリ島の海底で「頭の形が変化し、13本の脚を持つ」奇妙な生物が発見される

   

bali-strange-creature
 

2016年11月9日の報道より

kitou-creatuer-baliBizarre creature filmed on the ocean floor

 

インドネシアのバリ島で海中を撮影していたダイバーが「海底を歩く奇妙な生き物」を見つけ、映像に収めました。

それは、冒頭のような生き物なのですが、「頭部と思われる部分が巨大化」したりする奇妙な姿と行動をもつ生き物なのでした。

下がその動画です。

Sponsored Link



動きを写真で示しますと、以下のような動作を繰り返します。

sc-02

sc-01

sc-03

 

この一連の動きは何かを彷彿とさせるものもありますが、そのあたりは曖昧にしておたきいと思います。

この生き物について、英国サンの記事には、「脚が 13本ある生き物」というタイトルとなっていまして、そのことには気づきませんでしたので、正確に数えてみると、確かに、脚というか、そのような部分が 13 あることがわかります、

c-13-legs

 

ちなみに、インターネット上で少し追ってみますと、この生物は、ウミウシの仲間である「ムカデメリベ」というものと似ているという意見が出ていまして、確かに写真を見ると、全体的には似ていると思います。

ムカデメリベ(学術名:Melibe viridis)

melibe-viridisumiushi-zukan.com

 

今回、バリ島の海底で見つかったものが、学術的にもこれと同じ種類のものかどうかはわからないですが、なるほど、こんな、ムカデメリベというような生き物のグループがあるのですね。まったく知りませんでした。

生き物の世界、特に海の中の生き物の世界は奥深いです。

 - 動物の異常, 気になるニュース , , , ,