地球の記録 – アース・カタストロフ・レビュー

これまでと、そして、これからの地球と私たち

*

ロシアにあるヨーロッパ最大の湖に現れた「白い虹」

   

フィンランドの国境近くのロシア・ラドガ湖で撮影された白い虹 6月10日

Fyodor Lashkov

Sponsored Link


 

ロシア西部のフィンランドとの国境近くにあるラドガ湖というヨーロッパ最大の湖に「白い虹」がかかっている光景が撮影されました。

ladoga-wr-02.jpg
Fyodor Lashkov

ラドガ湖の場所
・Google Map

これは、湖での霧によってつくられた光景だということのようですが、いわゆる七色にならずに、白いままで環状になるというのは珍しいです。

Fyodor Lashkov

 

「白い虹」といえば、昨年の 11月に、異常に気温が低くなったスコットランドで、「大気中の氷に光が反射した白い虹」が現れたことを、

北半球は超強力に凍結中 : 氷点下40℃超が続出のユーラシア大陸。そして、スコットランドでは、ほとんど見られない「寒気の中の白い虹」が出現
 2016/11/24

という記事でご紹介したことがあります。

スコットランド 2016年11月

mirror.co.uk

 

今回のラドガ湖の白い虹は、このスコットランドのものとは違う理由による白い虹ですが、どんな理由であっても、半円の光の現象が「白」で綾取られるのは珍しいことだと思われます。

最近のロシアでの自然現象は印象的なものが多いですけれど、ロシアで何かあることの示唆だったりするのですかね。

 - 気になるニュース, 異常な現象, 自然の力 , , , , , ,