地球の記録 – アース・カタストロフ・レビュー

これまでと、そして、これからの地球と私たち

*

磁気嵐の中、ニュージーランドで極めて珍しい南半球のオーロラが観測される

   

ニュージーランドで撮影されたオーロラ 2017年3月27日

stuff.co.nz
 

nzherald.co.nz
Sponsored Link



 

3月の終わり頃から突如として活発化し始めている太陽活動は、地球にいろいろと影響を与え続けています。

太陽黒点は、それまでしばらく「ゼロ」だったものが 3月27日頃から急激に黒点を増やしていき、それとは別に、コロナホールという磁気を噴出する「太陽表面の黒い部分」の面積が最近では最も広くなりました。

2017年3月29日の太陽表面のコロナホール

・NASA

・NICT

この黒点とコロナホールのダブルの影響で、地球の表面は現在も含めて、強い「磁気の嵐」に見舞われ続けています。

これに関しては、

太陽の表情が急変:表面には100万キロの長さのコロナホールが出現すると共に、半月の間「ゼロ」だった黒点が唐突に急増し、地球は現在、磁気の嵐にふきさらされている最中
 In Deep 2017/03/29

という記事などをご参照いただければ幸いです。

そして、この記事のタイトル通りに、

> 地球は現在、磁気の嵐にふきさらされている最中

なのですが、そんな磁気嵐の中、ニュージーランドで「オーロラ」が撮影されたのです。これは大変に珍しいことで、正式名記録が残っていないほど、最近では起きなかったことのようです。

撮影されたのはオークランドでした。

この珍しい事象を現地では各メディアが報じていました。

2017年3月30日のニュージーランドの報道

stuff.co.nz

オークランドの場所
・Google Map

この南半球でのオーロラには、名称がつけられていて「オーロラ・オーストラリス(Aurora Australis)」と呼ばれています。日本語では「南極光」という言い方もあるようです。

しかし、名称はあるとはいえ、報道によれば、

> 1930年代に光が観測されたという話が残っている

という曖昧な記録しかないほど、ニュージーランドでは珍しい出来事です。

さらに南極に近いオーストラリアのタスマニアでも、 3月終わりの磁気嵐の中、オーロラが観測されていました。

2017年3月26日にタスマニアで撮影されたオーロラ

vk.com

今回、ニュージーランドでオーロラを撮影したのは、写真家のラリー・ラー(Larryn Rae)さんで、磁気嵐の発生の中で、オーロラが観測されるかもしれないと、何と1週間も「張り込んでいた」のだそう。

そして、ラーさんが諦めかけた頃、この見事なオーロラが出現したようです。

nzherald.co.nz

おそらく、ニュージーランドでオーロラが観測されることは、もうしばらくはないと思われますが・・・いや、しかし、「いろいろと地球の状態が変わってきている」のなら、これからも南半球のオーロラは頻発するのかもしれません。

なお、最近の記事、

エイプリルフールの太陽の暴走:黒点数は昨年8月以来の数に達し、Mクラスのフレアも発生…
 In Deep 2017/04/02

で記しましたように、その後の太陽も活溌で、今度は太陽フレアによる CME (コロナ質量放出)による磁気嵐が発生する可能性も出ていて、まだもう少し太陽からの磁気の影響は続きそうです。

 - 太陽活動と宇宙, 異常な現象, 自然の力 , , , , , ,