これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

アメリカ独立記念日の翌日に北緯33度線上のダラス上空にあらわれた謎のリング

投稿日:

7月5日 アメリカ・テキサス州ダラス上空

facebook.com

Sponsored Link


 

アメリカの北緯 33度上で最も血塗られた印象を持つ場所のひとつに「ダラス」という街があります。

業界的にはスーダラとも呼ばれるこの街で最も有名な出来事は、1963年11月22日に第 35代アメリカ大統領のジョン・F・ケネディが、このダラスで暗殺されたということでしょうか。

ダラスの場所
・Google Map

ちょうど1年ほど前にも「米ダラスで警官5人射殺、立てこもりの男は爆死 (BBC 2016/07/09)」というような事件があったりと、常にいろいろなことが起き続けるダラスではあります。

そのダラスで、アメリカ独立記念日の翌日である 7月5日に、冒頭のような巨大な「リングのようなもの」が出現しました

・jennifer.beauford

これは何だかわからないのですが、大きさも巨大なものであるため、多くの人々に目撃されたようで、他にも動画などが撮影されています。

アメリカ NBC ニュースの気象学者は、車から噴出した排ガスが、気象の条件でこのようになったのではないかと述べていますが、そうよく見られる光景ではなさそうです。

 

見ようによっては、何かこう空を飛ぶ得体の知れない何かというような想像力を膨らませてくれるものでもあります。

・jennifer.beauford

(参考イメージ)ビラ星人

・ウルトラセブン第5話『消された時間』(1967年10月29日)より

 

この間もカナダで奇妙なものが飛んでいたことをご紹介しましたが、どうも空中に見慣れない変なものたちがいろいろ現れるシーズンのようです。




-気になるニュース, 異常気象
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2017 All Rights Reserved.