これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

2016年の大晦日に各地の上空に一斉に出現した「真珠母雲」

投稿日:

2016年12月31日 ノルウェー・ロフォテン上空

Eric Fokke

 

高度20〜30キロメートル付近の成層圏にできる特殊な雲に、「真珠母雲(しんじゅぼぐも)」と名づけられているものがあります。

冒頭のような雲ですが、一般的には、北極などの極地や高緯度の場所で見られるものですが、2016年12月31日、ロシアやノルウェーなど、さまざまな場所で、非常に鮮やかな真珠母雲が現れました。それをご紹介したいと思います。

なお、見た目にはとても美しい雲ですが、Wikipedia によりますと、

オゾン層の破壊に深く関連している雲であり、オゾンの生成や破壊のメカニズムを考える上での研究対象となっている。

ということで、この雲がたくさん出る場合は、オゾン層の破壊も進んでいるということになるのかもしれません。

それはともかく、 2016年の大晦日に撮影された各地の真珠母雲が出現した空の光景をご紹介します。

Sponsored Link



 

2016年大晦日の真珠母雲

スウェーデン・アビスコ 12月31日

Oliver Wright
 

ノルウェー・ロフォテン 12月31日

Eric Fokke
 

ロシア・ムルマンスク 12月31日

vk.com
 

スウェーデン・オスターサンド 12月31日

Goran Strand
 

ロシア・ムルマンスク 12月31日

vk.com
 

ところで、12月31日には、真珠母雲ではないですが、日本の東京でも美しい彩雲が見られていたようです。

2016年12月31日 東京の上空

Ritsuko Fujimori
 

Ritsuko Fujimori
 

日本は穏やかな気温の場所が多いようですけれど、ロシアやヨーロッパ、中東などでは、厳しい寒波が続いているため、真珠母雲のような特殊な雲の出現回数も多くなる傾向になっているのかもしれません。




-自然の力
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2017 All Rights Reserved.