これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

スイス上空に出現したエンタープライズ的レンズ雲

投稿日:

スイス・バレー州の上空 2017年2月19日

vk.com

数日前に、スイス・バレー州の上空で上のようなレンズ雲の写真が撮影されました。

これを見た時には、「ああ、これは」と懐かしい感慨が沸き上がってきました。

どんなものが沸き上がってきたのかといいますと、下のものですね。

U.S.S.エンタープライズ号(スタートレック / 1966年)

・NCC-1701

Sponsored Link



U.S.S.エンタープライズ号は、アメリカのテレビドラマ「スタートレック」に出てくる宇宙船です。

上の写真のU.S.S.エンタープライズには「 NCC-1701 」と刻印されていますが、これはスタートレック初代の宇宙船で、1966年から始まったテレビシリーズ第1作目に登場したものですが、私はこれしか見たことがないのです。

日本でテレビで放映されていたのを見たのは今から 40年くらい前で、夕方の再放送で見ていました。中学生の時だったと思います。

当時の日本語タイトルは、スタートレックではなく、『宇宙大作戦』でした。

全体として、かなり好きだったのですが、その宇宙船そのものの形の雲がスイスに現れたという気がして、今回ご紹介しようと思いました。

vk.com

しかも、下のように、「一機ではなく、複数で戦隊を組んで」いるかのような光景の写真もありました。

 

vk.com

それにしても、レンズ雲はやっぱりすごいですね。

最近も、いくつかの魅力的な形のレンズ雲をご紹介したことがありました。

スウェーデン上空のレンズ雲 2017年1月27日

スウェーデン上空に出現した「まるで赤いUFO」と報じられた巨大レンズ雲

ロシア上空のレンズ雲 2016年11月27日

その形状は神の指かマザーシップか : 壮大なレンズ雲がロシア上空に出現

レンズ雲は、その発生原理は説明がつくとしても、やはりとても不思議な魅力があるものです。

ちなみに、

20世紀のヴォイニッチ手稿? : 聖書に登場する「智天使ケルビム」のような存在たちが現れる謎の本の内容には「地球の中心が北緯33度」だったりする構図も描かれて
 In Deep 2017/02/12

という記事で紹介されています奇妙な本の最初のタイトルは、「レンズ雲の形成」というものだったことが書かれています。

謎の書『レンズ雲の形成』の中にある図のひとつ

 

空にはいろいろと魅力的な現象が多いですが、何もかも合理的なものなのかどかというのも最近は考えます。




-自然の力
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2017 All Rights Reserved.