地球の記録 – アース・カタストロフ・レビュー

これまでと、そして、これからの地球と私たち

*

南米各地に次々と彩雲が出現。虹色だけではなく「青の彩雲」など驚くべきものも

   

サルタ(アルゼンチン)の2017年6月17日の空

Salta Tormentas

 

Salta Tormentas

6月17日、南米の各地で、とても印象的な彩雲が撮影されていました。彩雲そのものは珍しいものでも何でもないですが、一斉にアップされますと、それなりに圧巻ではあります。

今回はその光景をご紹介したいと思います。

中には「青く光る」というような、彩雲といっていいのかどうかわからないものもありますが、ここでは「虹の雲」として一気にご紹介させていただきます。

Sponsored Link


 

2017年6月17日に南米各地で撮影された「虹色や虹色ではない彩雲」

ホコタン(グアテマラ)

 

 

Nube Iridiscentes sobre Jocotán, Chiquimula

 

サルタ(アルゼンチン)

 

 

Salta Tormentas

 

マタモロス(メキシコ)

 

Red Climatica Mundial‏

 

彩雲は普通の大気現象で、空を眺めていると、わりと頻繁に見られるものですが、その状態がとても美しいものだけに、昔からいろいろなことと結びつけられていました。世界には「吉兆である」といいう言い伝えもあれば、「凶兆である」という言い伝えもあります。彩雲 – Wikipedia には以下のような事例が記されています。

・吉兆とされる
・地震雲として例に挙げられることもあるが、科学的根拠はない
・仏教でおめでたい出来事として起きる前触れ現象(瑞相)を意味する

吉兆なのかもしれないですし、あるいは、そうではないのかもしれないですが、いずれにしても「虹の雲」もまた最近増えているようです。

 - 気になるニュース, 自然の力 , , , , , ,