地球の記録 – アース・カタストロフ・レビュー

これまでと、そして、これからの地球と私たち

*

ドイツの海岸に打ち上げられたクジラの胃の中は「プラスチックのゴミで満杯」だった

   

2016年1月29日にドイツのワッデン海国立公園に打ち上げられたクジラ

german-whale-deathTrue Activist

 

今年1月に、ドイツの海岸に巨大なマッコウクジラが死亡して打ち上げられたことがありましたが、それらのクジラの検視の結果、「胃の中が大量のプラスチック、あるいは自動車部品などで満杯になっていた」ことがわかったことが、先日報道されていました。

今回はその記事をご紹介したいと思います。

ワッデン海国立公園の場所
Wadden-mapGoogle Map

 

以前、

前代未聞の事態 : 2016年1月から、ヨーロッパ各地に30頭以上の死んだマッコウクジラが打ち上げられている
2016/03/17

という記事にしましたが、今、ヨーロッパ全域で、かつてないほどのクジラの大量死が続いています。

2月25日の欧州のメディアより

eu-whale-deathsSALON

 

それらのすべての胃を調べたわけではないでしょうが、少なくとも、現在、海にいるかなり多くのクジラたちの胃が、「プラスチックだらけ」になっている可能性があるようです。

ちなみに、このドイツのクジラたちの死はこのプラスチックが原因であるわけではないようですが、「多くのクジラの胃がこのようになっている可能性」を示したという意味で、科学者や海洋生物学者たちには衝撃的だったようです。

メディアの記事をご紹介します。

Sponsored Link


 


Sperm Whales Found Dead In Germany, Stomachs FULL Of Plastic And Car Parts
True Activist 2016/04/23

ドイツで遺体で発見されたマッコウクジラの胃は、大量のプラスチックと自動車部品で満たされていた

今年1月、29頭のマッコウクジラが北海周辺で座礁していることが相次いで発見されていたが、最近になって明らかにされた解剖所見の詳細は、海洋生物学者たちを動揺させた。

それは特に、そのクジラたちの胃の中に見出されたものについてだ。

ドイツのシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州にあるワッデン海国立公園が出したプレスリリースによると、座礁したクジラたちの胃の中は、プラスチックと自動車部品などのゴミだらけだったのだ。

中には、長さ 13メートルの漁網や、70センチの大きさのプラスチックも含まれていた。

それらの中には、クジラたちがそれらのプラスチックなどを、イカなどのエサと間違えて食べたものがあることを示唆する。

これは、現在の海がいかにプラスチックのゴミにまみれているかをあらわしていると同時に、人類の海への軽視が生み出した衝撃的な光景だといっていいだろう。

シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州環境長官はこの結果を受け、以下のように述べた。

「これらの知見は、私たちが生み出した過剰なプラスチック型社会の結果を示すものです。海洋生物は、これらの廃プラスチックを消費し、苦しみ、最悪の場合、胃がプラスチックで一杯になった状態で餓死するかもしれないのです」

NPO法人「クジラ・イルカ保護(Whale and Dolphin Conservation)」の代表は次のように述べた。

「プラスチックの中でも、大きなプラスチックの破片などは海洋生物に明確に問題を引き起こします。腸を塞いでしまう他、クジラたちに慢性的な問題を引き起こす可能性を排除することはできないと思われます」

マッコウクジラが、このような形で死亡しているのが発見されたのは、今回が初めてではない。 2011年には、ギリシャのミコノス島で死体で発見されたクジラの胃から 100個以上のビニール袋や、ゴミが見つかっている。

ただし、このブラスチックがドイツに打ち上げられたマッコウクジラを殺した原因ではないことには留意したい。

ナショナルジオグラフィックの報道によれば、クジラたちは心不全で死亡していたことがわかっている。これは、北海から浅い水深の海域に移った時に、自分の体重を支えることができず、その結果、内臓に異常が起きたと見られている。

しかし、クジラたちの胃が汚染に満ちていたという事実は、私たち人類に対しての恐ろしい告発にも思える。

 - 動物の異常, 大量死, 気になるニュース , , , , , ,