これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

「世界で最も雨が降らない場所」チリのアタカマ砂漠に、歴史上最高の「花満開」の状況が訪れつつある

投稿日:

アタカマ砂漠の「花の咲き乱れ」についてのチリの報道

24horas.cl
 

アタカマ砂漠の花 2017年7月

deZabedrosky

Sponsored Link


 

チリのアンデス山脈西に位置する「アタカマ砂漠」は「世界で最実も雨の降らない乾燥した場所」として有名です。

このアタカマ砂漠では、数年から十数年に1度の数日間、「花が咲く」ことがあります。

雨が降らないこの場所に、雨が降った場合に限られるのですが、最近では 2015年にそれが起きました。

ところが、それから2年しか経っていない現在、アタカマ砂漠の「花の咲き乱れ」の状況が過去最高のものとなりつつあるのだそうです。

今回は、そのアタカマ砂漠の様子をご紹介します。

ちなみに、2015年の時の様子は、

アタカマ砂漠に咲き乱れる花に見る「悪から善が生まれる光景」を思えば、極端な少子化も箱根山の群発地震も怖くない・・・かも
 In Deep 2015/05/05

という記事でご紹介したことがあります。

2015年5月3日のチリの報道より

24horas.cl

今年は、この時よりも華やかな「花満開」となる可能性が高いそうです。

これは6月に雨が非常に多く降ったためで、美しい話でありながら、本来なら雨降らないところに多量の雨が降ったという「強大な気候変動」の証左でもあります。

美しさの中に壊滅的な気候変動が見えるのです。

2017年7月のアタカマ砂漠

deZabedrosky

 

deZabedrosky

 

24horas.cl

 

24horas.cl

 

24horas.cl




-異常気象, 自然の力
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2017 All Rights Reserved.