これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ベトナムのフエ市上空に同国としては異常に珍しい明瞭な太陽のハロ(暈)が出現

投稿日:

ベトナムの報道記事より

doisongphapluat.com

数日前のベトナムの報道メディアで、冒頭の現象一斉に報じられました。

これは、ご存じの方も多いと思われますが、太陽にかかる暈(かさ)で、英語からハロ(Halo)という呼び方もします。

世界的にみれば、このハロは一般的な現象なのですが、では、どうして大きく報じられていたのか。

それは、ベトナムでは「異常に珍しい」からです。

まして、こんなにはっきりとしてたハロがベトナムで観測されたことは、ほとんどないのではないでしょうか。

Sponsored Link


 

先ほど、「太陽のハロは世界的には一般的な現象」と書きましたけれど、どういう所で観測されるのが普通かといいますと、たとえば、あくまで「普通は」ということになりますが、

・冬のロシア
・冬の北欧
・冬の北極圏
・冬の高緯度北米
・冬の高緯度アジア・・・

と、キリがないかもしれないですが、要するに「寒いところ」、あるいは、「大気中に氷の結晶」があるような気候のほうができやすいのです(必ず氷晶が必要なわけではないですが)。

つまり、上に並べましたような「寒い場所」なら、よくあることなのですが、しかし、5月のベトナムといえば、日本でいう真夏であり、さすがに氷晶が大気中にあることは考えづらいです。。

それも、ここまで明確な暈ができるということは、「大気中に太陽の光を反射、あるいは屈折させる《濃い何か》が存在しなければいけない」ということで、何とも不思議なベトナムでの太陽ハロなのでした。

doisongphapluat.com

moitruong.net.vn

ベトナムの人たちも、この現象を見たことのない人は多いようで、動画などを見ましても、多くの人たちが写真や動画におさめていたようです。

太陽のハロを撮影するフエの人々

NCHMF NEWS

doisongphapluat.com

ベトナムでは、今年3月にも、大気中の氷の結晶への太陽光の反射で発生する「幻日(げんじつ)」という現象が起きて、やはりベトナムでは珍しいものですので、数多く報じられたことがあります。

その時のことは、

ベトナムの空に出現した「3つの太陽」は幻日なのか、そうではないのか
 2017/03/30

という記事でご紹介したことがあります。

2017年3月18日のベトナムの報道に掲載された幻日のような現象

・24h.com.vn

東南アジアの大気も、何か相当に変化してきているということなのかもしれません。




-気になるニュース, 異常な現象
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2017 All Rights Reserved.