地球の記録 – アース・カタストロフ・レビュー

これまでと、そして、これからの地球と私たち

*

マレーシアのクアラルンプールを突如として襲ったクレイジーな雹嵐がもたらした大きな破壊

   

kl-hailstorm

2016年6月3日のマレーシアの報道より

snowfall-kl-01says.com

 

6月3日、マレーシアの首都クアラルンプールで、日中、突然激しい強風と共に大粒の雹(ひょう)が降り始め、短い時間に膨大な被害を発生させました。

強風で倒された木の下敷きになった車の数々

hail-storm-car-01The Coverage

2016年6月3日のクアラルンプールの光景

kl-hailstorm-02YouTube

この写真にある光景の動画が下のものです。

大きな木が風で倒される様子が収められていて、何だかとにかく、すさまじい状況であることがわかります。

Sponsored Link


 

また、雹と強風によるビルや家屋の天井の崩落や「ビルの窓ガラスが破壊する」という事例も起きたようです。

屋根が崩落したガソリンスタンド

kl-hail003The Coverage

嵐で破壊されたオフィスビルの窓

kl-office-01says.com

上のビルの窓が破壊される瞬間は、動画でも撮影されていまして、下のような感じで、突如として、この部屋の窓ガラス全部が一気に割れたようです。

雹嵐によりビジネスビルの窓ガラスが崩壊した瞬間

 

このビルの外観は下のようになります。2つの区画のガラスが割れています。

kl-office-02

 

なぜ、ここまで激しい嵐が突如として発生したのかということについては、現地の報道によれば、ヒートアイランド現象(郊外に比べ、都市部ほど気温が高くなる現象)のためクアラルンプールの気温が極端に高くなり、上昇気流が起こりやすくなっているためではないかとする専門家の仮説を紹介しています。

しかし、実際には「理由はよくわからない」というのが本当のところのようです。

激しい雹が世界中で増加していますが、ここまで激しい破壊をもたらした雹嵐は最近では珍しいです。

 - 異常な現象, 異常気象, 自然災害 , , , ,