地球の記録 – アース・カタストロフ・レビュー

これまでと、そして、これからの地球と私たち

*

中国の洪水は同国史上3番目の被害規模に拡大中。3000万人以上が被災

   

2016年7月8日の報道より、街中が洪水に見舞われている湖北省武漢市

china-worst-flood-since-1998Straits Times

上の女性は、どうやら長靴から水を排出しているようなのですけれど、長靴を履いて、この洪水の状態の道に戻れば、またすぐに長靴の中は水だらけになってしまうのではないかとも思えて、

「洪水の中の長靴は効果的ではない」

ということを勉強させていただいたいた次第ですが、それはともかく、中国南部などの広い地域で、今月に入ってから大雨と洪水が続いているのですが、そこに加えて、前回の記事でご紹介しました、台風1号(ニパルタック)による大雨も加わり、記録的な洪水が多くの地域で続いているようです。

多くが水没している武漢市

car-water-01

town-in-waterCCTV

Sponsored Link



冒頭の記事のタイトルに「 1998年以来」とありますが、その 1998年は、長江が氾濫したことによって発生した「 1998年中国大洪水」と呼ばれる、2億人以上が被災し、4150人が死亡した未曾有の洪水が起きたのでした。

中国では、1931年に、1931年中国大洪水という大災害が起きておりまして、これは、死者数は明確ではないですが、最低でも数十万人、中には死者 400万人という主張もある 20世紀最悪の自然災害のひとつです。

いずれにしましても、今、中国で起きている洪水は、その2大洪水に次ぐほどの規模になりつつあることが報じられています。

水没している安徽省宣城市の集落

CHINA-FLOODS/IB Times

 

川と陸地の境が消えている感じの武漢市

CHINA-FLOODS/IB Times

 

7月9日の時点で、この洪水により、中国 26省の 3200万人が被災していて、140万人が避難。そして、これまでに 180人以上の人が亡くなったとされています。

台風1号通過後に川と化した福建省泉州市の道路

Quanzhou-floods-01earth-chronicles.com

 

大変な洪水ではあるのですが、最近の中国の人たちは「洪水慣れ」している面もあるのか、それほど人々の表情に悲壮感がないのが救いなのかもしれません。

スクーターで水の中を走る親子。武漢市

china-floods-girlIB Times

 

これはもう運転は無理なのではないかという水位でスクーターに乗る二人

bike-floods-07scmp.com

 

中国の雨のシーズンは、もう少し先まで続きますので、今後これらの洪水が終息していくのかそうではないのかということが現地のメディアで案じられています。

なお、日本も最近は豪雨が相次いでいますが、首都圏などで洪水が起きたというのは聞いたことがないですが、日本の首都圏には「首都圏外郭放水路」という排水システムがあるため、大きな洪水が発生しにくいということが、サーチナに掲載されていました。

日本は自然災害が多い国だけに、地震にしても洪水にしても、ある一定程度のものまででしたら、耐えられるインフラとなっているようです。もちろん「度を超えた災害」となりますと、防ぎきれなくなるラインというものはあるのでしょうけれど。

 - 異常気象, 自然災害 , , , ,