これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

「火山噴火と地震活動」 一覧

オクラホマ州 : 過去8年で地震が「 4000 %」増加していることが判明。シェールガスの水圧破砕法が原因の可能性

・4000% increase in Oklahoma earthquakes induced by fluid injection   アメリカのオクラホマ州で、この数年、地震の発生数が異 ...



発生後48時間で1600回以上の余震が続くニュージーランドの地震。その地震の直前に「青や緑の光がフラッシュする」発光現象が観測されていた

・Mysterious green and blue flashes appeared as New Zealand earthquake struck ニュージーランドで 11月13日に発生したマグ ...

連続した地震に見舞われているイタリア中部の村に謎の「泥火山」が形成され、泥の噴火が続く

2016年11月4日の報道より ・ansa.it   イタリア中部では、8月24日にマグニチュード 6.2の地震が発生した後、10月26日にはマグニチュード 6.1の地震、そして、10月30 ...



サンアンドレアス断層の南端にある「ソルトン湖」の群発地震が止まらない

アメリカのカリフォルニア州にあるソルトン湖とその周辺で、3カ月前から断続的に群発地震が発生しています。 特に 10月31日には、24時間で 40回以上の地震が発生し、前日から合わせると 60回近くの地 ...

イタリアは地震の時代に:8月に続き、またしても中部で「二時間のあいだに連続して二回の大地震」が発生

地震で周囲の町並みが崩壊したイタリア中部のサン・セバスティアーノ教会 ・Guardian   8月に地震で大きな被害を出したイタリア中部で、その震源と非常に近い場所(おそらく同じではないと思 ...



異例 : 北極でマグニチュード4.7の地震

アメリカ地質調査所のリアルタイムデータ ・USGS   北極にある「スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島」近くの海底でマグニチュード 4.7の地震が発生したことが、アメリカ地質調査所(US ...

イタリア中部地震の余震回数が2カ月で「17000回」に達する

・earth-chronicles.ru   今年8月24日にイタリア中部で発生し、300名近くの犠牲者を出したマグニチュード 6.2の地震から2カ月が経ちました。 この地震は、イタリア国家 ...



ニュージーランドの火山島ホワイトアイランドの火口にある湖が突然「消滅」。次の噴火の予兆の可能性

2016年10月4日のメディア記事より ・White Island lake disappears, strong fumarole emissions, New Zealand ニュージーランドのホ ...

南極圏のサウスサンドウィッチ諸島で「3つの火山」が同時に噴火(観測史上初めての噴火の可能性)

2016年10月6日のニュージーランドの報道より ・Zee News 南極の領域にあるサウスサンドウィッチ諸島で「3つの火山が同時に噴火する」光景が、地球観測衛星アクア(Aqua)により観測されたこと ...



「2300年間噴火していない」環太平洋火山帯上にあるカナダのミーガー山が噴火活動の徴候

ミーガー山 ・Mount Meager   カナダの西部にミーガー山という山脈があり、最近になって、この周辺から硫黄の匂いが漂い、また、新しい噴気孔が見出されており、新しい火山活動が始まった ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2017 All Rights Reserved.